ゲーム

【BIOHAZARD RE:2】評価・感想

CAPCOMより2019/1/25に発売されたBIOHAZARD RE:2のプレイ後評価・感想を書いていこうと思います!

BIOHAZARD RE:2とは?

本作は1998年に発売されたBIOHAZARD2のフルリメイク作品にあたります。

原作も発売当初に一通りプレイしていますので、単体のゲームとしての評価に加え、原作比較の観点からも感想を書いていきます。

操作性について

通常版とZ指定版(ゴア表現強化版)があり、私はZ指定版を購入しましたが、折角ホラーをやるのですから迫力と緊張感のあるZ指定版の方をお勧めします。ゾンビの四肢欠損やイベント中のグロテスク表現に差がありますが、ゲームの難易度自体は特に変わりありません。

原作では固定カメラのマップを少し操作しづらいラジコン操作(十字キー↑に倒すと前に進む)によってゾンビ等から逃げ回る操作性でしたが、RE:2ではフルリメイクという事もあり、今風に進化を遂げています。

biohazard4以降主流となった背面カメラによるTPSとなり、左スティックで前に進み、右スティックでカメラ移動と直感的に操作可能です。レンダリング能力に非常に優れたRE Engine搭載されていることもあり、現行ゲームの中でもトップクラスの美麗画像の空間をかなりの距離をロード無しシームレスに動き回る事が出来ます。

難易度について

初期のバイオと同様、限りある弾薬や回復剤をやりくりしつつギリギリの戦いをしつつ、基本は逃げ惑うプレイになりますので、綺麗な映像と相まって物凄く緊張感があります。

本ゲームですが、一般的なゲームと比べて難易度はかなり高いと思います。原作が1と比べて比較的難易度が抑え気味に作られていましたが、リメイクのこちらはバイオハザードシリーズファン向けに全力で作ったコアゲーマー向きの難しさであると感じました。

1周目は原作を知っていることもあり、難易度STANDARDで開始しましたが、概ねマップは原作準拠で懐かしの警察署探索から始まるところも変わりませんが、進行ルートやマップの繋がりが結構変わっていましたので、ほぼ新しい気持ちでプレイすることが出来ました。

謎解きも殆ど全て新しいものになっていますので、原作を知っているから楽々プレイなんてことにはなりません笑

モンスターの配置設計も綿密に練られており、無駄打ちをし過ぎずに進めていると、大体弾が無くなってそろそろダメかもしれないと心が折れかけたあたりで、弾薬を補充できる絶妙な配置となっていました。当然、出てくる全てのゾンビを倒そうとすると到底弾薬が足りないので、逃げられるところは逃げ、何度も通るようなマップだけ掃討するぐらいで適正量だと感じました。

特に中盤以降から遭遇するバイオハザードシリーズでは有名なタイラントが非常にヤバいです。

基本的にモンスターは部屋を変えれば追っかけてこないため、とにかくドアまで逃げ切ればなんとかなる感があるのですが、タイラントは余裕でドアを開けたり、階段上り下りしたり、梯子も上り下りしてどこまでも追っかけてきますので、遭遇中は心臓バクバクで逃げ惑う事になります。(しかも無敵で倒しきる事が出来ない)

次にどこに行けばいいのかよくわかっておらず、マップ画面とにらめっこしては少し進んで、精神がもう持たないと思ったらまたマップを開いて休憩してを延々と繰り返しながら進めていました・・・笑 追われる恐怖というのは凄まじいですね。

そんなこんなで何とか1週目を終えたリザルトがこちら。

超チキンプレイで相当数ゲームオーバーになりましたが、攻略サイトには頼らず無駄な行動かなりしていましたが、一人でやり切ると大体このぐらいのクリアタイムでした。

やりこみ要素

バイオハザードと言えば周回プレイのタイムアタックや無限弾薬解禁、ミニゲームですが、今作も原作準拠でクリア後ミニゲーム等はそのまま実装されています。(ハンクと豆腐のあれです)

特に無限弾薬は難易度HARDCOREでS+ランククリアという相当な猛者向けの解禁条件になりますので、本気で取り組まないと入手は難しいです。というかむしろ無限弾薬取れたころにはもうこのゲームでやる事がなくなっています。

1周目はストーリーやゲームそのものを楽しみ、2周目以降は様々な隠し要素解禁を目指してプレイとなりますが、1周目の恐怖心や緊張感は先が分かっているだけあってどんどん薄れていきますが、今度は最適化したプレイングを極めるという新しい面白さに目覚める事が出来ます。しっかり集中すれば2~3時間程度で1周終わらせられるので一気に最初から最後までやり切れます。

とりあえず初HARDCOREをレオン編、クレア編両方やりましたが、グレネードランチャーが優秀なクレア編の方がやや難易度が低いかなと感じました。

2019/2/15に無料DLCとして追加されたミニゲーム集「THE GHOST SURVIVORS」も一通りクリアしましたが、後から追加されたコンテンツだけあって非常に難易度が高かったです。

特に、3シナリオクリア後に解禁される最後のシナリオ、「No Way Out」は迫りくる敵を100体倒すというシンプルなゲームではあるものの、立ち回りや弾薬のやりくりをしっかりしないと即詰んでしまうえげつない難易度でした。

このあたりまで進めているともはや恐怖心はどこかに行ってしまい、とにかくゲームとしてなんとかしてクリアしてやろうの達成感を追い求めていました笑

クリア指南の動画もYoutubeに沢山転がっていますので、色々見て学んで何度も何度も挑戦するガッツがあればなんとかなるとは思います。

総評

このゲームはオススメできますか?という質問に対しては、自信をもってオススメできます!

やりごたえのある難易度、美麗なグラフィックから来る恐怖演出、周回プレイの面白さ、豊富な隠し要素、どれをとっても非常に満足のいくゲームでした。原作を知らない方も知っている方もどちらでも全く問題なくオススメできます。

ただ、恐怖耐性がかなり低い人ですと、1周目の余りの怖さに途中でプレイを投げ出す危険はあります。私も初回プレイは相当精神力持っていかれました。。。

一通りやりこんでプラチナトロフィー取得まで行きましたので、次回はプラチナトロフィーを取るにあたって難しかったところなどの感想を書いていこうと思います。

なお、プラチナトロフィー取得までだとゲームの最高難易度最高評価クリアまでは求められませんので、ある程度の実力でもなんとかなります。