ゲーム

Google Play ベストゲーム2018が発表 ユーザー投票など部門別に紹介

Google Playのコンテンツの中から2018年に人気を集めたアプリ、「Google Play ベスト オブ 2018」が発表されました。今回はその中でもゲームに焦点を当てて受賞作品を紹介します。

ベスト ゲーム 2018

Google Playからベストゲーム2018として発表されたのが、バンダイナムコから2018年5月28日にリリースされたリリースされているアプリ、「ドラゴンボール レジェンズ」でした。

原作の戦闘シーンを見事なまでにスマホ上で再現し切った技術力、簡単操作で迫力バトルを思いのままにプレイできるゲーム性、そして世界中のドラゴンボールファンをリアルタイム対戦で繋げることに成功した本作は、まさに2018年を代表する作品となった。

ベスト オブ 2018 ユーザー投票部門

次はベスト オブ 2018 ユーザー投票部門 ゲームカテゴリの紹介です。

最優秀賞

ユーザー投票部門の最優秀賞にはスマホゲームで初の本格バトルロイヤルをリリースした「荒野行動/Knives Out」が受賞しました。

課金による力の差が発生しないバトルロイヤルは課金満足度も高く、プレイヤーが全員平等に戦えることもユーザーからの人気に繋がっているように思われます。

優秀賞・ノミネーション作品一覧

以下は最優秀賞も含めて優秀賞受賞作品とノミネーション作品の一覧です。

最優秀賞 荒野行動/Knives Out
優秀賞 プリンセスコネクト!Re:Dive
PUBG MOBILE
Identity V
ドラゴンボール レジェンズ
ノミネーション作品 アークザラッドR-光と音のRPG-
真・三國無双 斬
猫のニャッホ~パズルで進めるかわいい猫の物語~
ドールズフロントライン
妖怪ウォッチ ワールド
ファンタジーライフ オンライン
ダンジョンメーカー
旅かえる
ポケモンクエスト
コトダマン-共闘ことばRPG
<物語>シリーズ ぷくぷく
ドラガリアロスト
キングスレイド
KOF ALLSTAR
D×2 真・女神転生 リベレーション

エキサイティング部門

対人戦や共闘など、みんなで盛り上がれるエキサイティングなゲームは順不同TOP5で発表されました。

エキサイティング部門受賞作品(順不同)
ドラガリアロスト
アークザラッドR-光と音のRPG-
ドラゴンボール レジェンズ
荒野行動/Knives Out
プリンセスコネクト!Re:Dive

クリエイティブ部門

従来のスマホゲームの型に当てはまらない、新しい可能性を切り開くゲームデザインや世界観を示したクリエイティブなゲームもエキサイティング部門同様、順不同TOP5で発表されました。

クリエイティブ部門受賞作品(順不同)
Identity V
ファンタジーライフ オンライン
ファイナルファンタジーXV ポケットエディション
コトダマン-共闘ことばRPG-
妖怪ウォッチ ワールド

キュート&カジュアル部門

大好きなキャラやかわいいキャラと好きなときに好きな場所で。シンプルだけどついついハマるキュート&カジュアル部門も順不同TOP5で発表されました。

キュート&カジュアル部門受賞作品(順不同)
猫のニャッホ~パズルで進めるかわいい猫の物語~
<物語>シリーズ ぷくぷく
ポケモンクエスト
スヌーピーライフ
すみすみ~まったりパズル~

インディー部門

個人や少数のデベロッパーが巧みなアイデアと技術で作り上げたアプリで、多くのユーザーに支持されたインディーゲームも順不同TOP5で発表されました。

インディー部門受賞作品(順不同)
旅かえる
ぼくとネコ
ネコの絵描きさん
Craft Warriors(クラフトウォリアーズ)
ダンジョンメーカー

総評

先日記事にした、2018年のソシャゲ売上推測でトップ10にランクインしているゲームは荒野行動のみで、他は全て別のタイトルが受賞・ノミネートされました。

ユーザー投票部門もありますが、受賞したタイトル全てがユーザーからの評価が高く、定着したプレイヤーがいるのだと考えられます。もちろんゲーム毎に合う合わないはあると思いますが。

例年右肩上がりのソシャゲ市場ですが、来年も大小さまざまなタイトルが発表されます。自身が最も楽しめるゲームがリリースされるのを期待するばかりです。

個人的にはインディー部門の作品が気になる・・・