オルタンシア・サーガ

【オルサガ】オルタンシア・サーガ雑記 第二回共闘のイリュミナシオン vsワハシュ・アズィーム

2015/4よりSEGAからリリースされているソーシャルゲーム、「オルタンシア・サーガ 蒼の騎士団」の一プレイヤーの雑記となります。

vsワハシュ・アズィーム

2018/12/12-13の2日間が今回から初登場のボス、ワハシュ・アズィームでした。開示されている情報からはかなり強そうに見えていましたが、実態はどうだったのか振り返ってみましょう。ちなみに名前の意味はアラビア語で「巨大な怪物」だそうです。そのまんまですね。

ボスステータス

まずはボス情報のステータスです。

10段階評価 ステータス
HP 4
攻撃力 9
防御力 3
速度 9
キリ番防御力 7
強襲防御力 7

見ての通りかなり尖ったステータスをしています。攻撃力と速度が高いが装甲が紙です。斬属性ユニットみたいですね。(このボスは打属性ですが)
速度に関してはPvPで確認した限りだとSS2相当はあるようでした。

キリ番防御力と強襲防御力はガイアビットと同ステータスでしたので、同様に有効打ではないものだと判断できます。

ボスダメージ判定マス

前3マスががら空きかつ自軍の斬属性のダメージが1.1倍される補正もついているので、斬で叩いてくれと言わんばかりですね。

戦況効果

6-12分と18-24分に強襲CB強度ダウンがあり、この区間をシャドウやブリッツなどの強襲率アップ系のタクティクスで攻略して欲しいという意図が感じられます。ですが、はっきり言って強襲に頼る戦法は罠です。理由は攻略方針にて後述します。

24-30分が自軍斬攻撃力1.5倍となりますので、ただでさえ元々攻撃力の高い斬の攻撃力がとんでもないことになりますので、ここが一番の稼ぎポイントと見なすことができます。

攻略方針

今回から初出のボスである事、雑魚敵軍団が実装されボスへの攻撃頻度が減った事、雑魚敵軍団のCB減衰によりCB系ダメージの通り方にムラがどうしてもできてしまう事から、事前の攻略指針検討が難しいボスとなります。

結論から言えば、強襲率を上げて攻略する方針は失敗です。1戦経験すればすぐわかりますが、戦況効果で強襲CB防御力が落ちていようが雑魚的軍団が残っていると全然ダメージが通りません。(オーダーや個タクバフがあったとしてもせいぜい1~2万がいいところ)

雑魚敵軍団が残っている状況で強襲を出すと、雑魚を飛び越えてボスへのダイレクトアタックとなるため、雑魚の数は減らずにボスのHPが先に減ります。雑魚の壁分威力が落ちているので、雑魚を手早く片付ける機会損失にもなりますし、ロスが多いです。

雑魚軍団とボスが頻繁に入れ替わるため、たとえシャドウを使用して3分間強襲確率を上げたとしても、ボスが出現している時を狙って強襲を入れる事は不可能ですし、そもそもPvPでボスに与えるダメージが3~5万ポイント出ている時点で勝ち目がありません。もし殲滅で1000や2000しか出ないようであればまた話は変わっていたかと思います。

参考までに、アサルト煌*2、ブリッツを併用した状態で強襲に入ると雑魚軍団残存数でかなり幅がありますが、平均4万程度でした。ちなみに最高打点は9万程度です。強襲を狙いに行く時点で5体投げしていますので、強襲入らなかった場合の損失がかなり大きいですし、仮に入ったとしても殲滅で稼げるポイントと大差が無いという悲しい結果でした。

本イベント開始と同時に期間限定ユニットのレオナが実装されましたが、タクティクスがシャドウ絶、スキルが斬バフというこのボスで活用して欲しいといわんばかりの性能でしたので、運営側もこの調整は失敗していたのではないかと思います。

スキル

前述の通り強襲が有効打では無いと分かった以上、ガイアビットと同様にPvPを主体とした戦法で考えればよくなります。具体的にはバフ、デバフの活用です。

ここでボスのステータスに目を向けると、高攻撃力高速度となっていますので、ガイアビットの時ほど一方的に叩き続ける事は出来ないと想像がつきます。平均何枚投げれば30ターンしっかり生き延びられるのか、打ユニットを混ぜて投げるべきなのか、等一番スコアの平均値が取れつつ投げた後の被害が少ない方向で投げ分けを試してみるのが良いです。

タクティクス

強襲が有効では無いと分かった以上、シャドウ、ブリッツ系タクティクスはほぼ意味を成しません。むしろ使ってしまうと無駄な強襲が発生して雑魚敵軍団を全滅させる速度が落ちてしまうので、使ってはいけないタクティクスと言っても過言ではありません。

ボスの攻撃性能が高い為、タクティクスも攻撃一辺倒ではなく、防御力にもある程度意識をした振り分けが重要です。強襲率を下げ、あまり上昇値は高く無いですが防御力も上げる事の出来る「ファランクス」を使用するのもよいでしょう。

メインはバフ系を配備し、6-0分の斬攻撃力1.5倍区間に最高火力が出せる様な組み方で後はひたすらPvPで削っていきましょう。

シート

ガイアビットでは恐らく多くの方がミーティアを選択していたと思いますが、今回のボスはスキルが十字攻撃となり、ミーティアの場合はメインアタッカーが下段真ん中に配置されるため、撃退される可能性が高くなります。

一方で斬をメインとして攻撃するため、やはりミーティアの速度アップマスには斬を載せたいというジレンマが発生します。機動力を取ってミーティアを使うか、はたまた十字スキルを可能な限り避けるシェルガードなどにするかは好みが変われる部分かと思います。

守護幻獣

攻略指針はガイアビットとほとんど変わりませんので、ガイアビットと同様ゼナス主体で良いと思います。詳細はvsガイアビットを参照下さい。

最後に

ボス自体は第一回から引き続きの登場となっていたガイアビットは、どちらかというとボスよりは雑魚的軍団に慣れて欲しい意図での配置であったため、今回のボスからが本格的な攻略となりました。

とはいうものの、蓋を開けてみたらガイアビットと同じような戦法がそのまま有効でしたので、CB周りの調整に関してはもう少しちゃんと仕様を練ってから実装していればな、と感じるボスでした。。。

次回は5-6日目にあたる最後のボス「オ・ガシィ」について攻略していきます。