アニメ

【2018年秋アニメ】ゾンビランドサガ【感想】

2018年10-12月まで放送されていた「ゾンビランドサガ」の視聴後感想です!過度なネタバレは避けていますので、未視聴の方でも大丈夫です。

作品概要

「ゾンビランドサガ」はMAPPA、エイベックス・ピクチャーズ、Cygames共同企画の最近では珍しいオリジナルアニメです。筆者は最初ノーマークでしたが、SNS等で話題になっていたため後から一気に見ました。

放映前の時期はあまり作品の概要は公表されておらず、とりあえずゾンビモノという程度しかわかっていなかった様です。メインビジュアルからも割と重そうなホラー系であることを匂わせるような作りになっていました。

そしていざ放送が開始されると・・・佐賀が舞台のギャグアイドルアニメである事が判明しました!SAGAではなくその名の通りゾンビランド佐賀です。

本アニメの企画段階で、Cygames社長の出身地でもあった佐賀を舞台にしたご当地アニメを制作して欲しいという話から二転三転してこのアニメが出来上がったようです。各話どれもが佐賀の実際に存在するイベントや場所、企業、建物とタイアップした立派なご当地アニメとなっています。佐賀県民的には凄く面白いでしょうね・・笑

あらすじ

その生きる屍は、ある洋館でひっそりと目覚めた。
それはただ、自分が誰かも、その場所がどこかも、何もわからぬまま、徘徊するのみ。
やがて生きる屍は、恐るべき現実を目の当たりにし、自らの運命を告げられる。
偽りの仮面をかぶり、闇の中を歩き続けるしかないのだと。
そして、生きる屍に天からの光が差した時、人々は聞くだろう。
狂乱の中に響き渡る叫びを。
その、破滅の叫びを。

公式サイト 第1話 グッドモーニングSAGAあらすじより引用

感想

放送開始直後はあまり話題になっていませんでしたが、中盤あたりから面白いと評判になっていましたので見てみましたところ、ホラー成分一切無しの完全なるギャグアニメでした。

すぐ上に書いていますが、もう1話のあらすじがそもそも詐欺です。いや確かに冒頭の展開的には間違っていないのですが、要約すると、事故死した人間が数年後にゾンビとして蘇り、素性を隠しながらゾンビアイドルユニットを作って佐賀の復活に尽力する話です。

よくわからないですが、そういう話です。どうやって蘇ったとか何故佐賀なのかとかそういった細かい事は気にしないタイプのアニメです。

第1話アバン、明るいBGMと共に主人公と思われる女の子が朝出かけるところから始まりますが・・・

  

開幕1分でトラックに轢かれて死にます

そして死んだと思いきや、場面変わって薄暗い建物で目を覚ます事となり、自分がゾンビにとして蘇った事を巽幸太郎という男から知らされます。

 

幸太郎
「10年前、お前は死んだ。だがゾンビになって復活した。」
「そしてこれからお前はこれからゾンビ1号として仲間と協力して佐賀を救うんだ!」

開幕から視聴者置いてけぼりですが、ギャグアニメなのでこういうものなんだとこのあたりで気づきました笑

この後ゾンビ2号~6号と0号も復活し、7人でアイドルユニットを組んで寂れてしまった佐賀の活気を取り戻すべくご当地アイドルとして活動が始まります。

話も突拍子が無いので多分1,2話当たりの頃は世界観についていけなくて視聴辞めてしまった人も多いのではないでしょうか。また、巽幸太郎(CV:宮野真守)のキャラクターの癖が強すぎて、というか暴走した宮野真守そのままのテンションなのでキャラ濃すぎて受け付けないという人もいそうです・・・。

筆者も最初は流し見でしたが、回を追うごとにキレッキレのギャグにも慣れ(耐性が付き)面白くなってきました。導入こそハチャメチャでしたが、ちゃんと各キャラクターにもスポットが当たって生前の話の掘り下げもできており、ちょっと泣ける話もありました。

あまり難しい事は考えずに笑いたい時に最適なアニメかと思います。キャラ作画、ギャグ、歌どれもが高水準で12話にまとまっています。

一応アイドルモノなのでライブ回もかなりの回数あるのですが、歌のクオリティがかなり高いです。これは実際に聞いていただいた方が分かりやすいのでYouTubeから1曲引用してきましたが、気になった方は是非音楽目的ででもよいのでご視聴下さい!

 

 

そして、登場人物の一人に山田たえという最後まで自我が殆ど戻っておらず「うーあー」ぐらいしか喋れないキャラがいるのですが、なんとCV:三石琴乃(エヴァのミサトさん、セーラームーンの月野うさぎの人)です。声優の無駄遣い過ぎる・・・笑